ご挨拶

 当社は、段ボール販売及び回収業務を半世紀以上に渡り行ってきました。

 新品・中古品、共に取り扱っておりますが、主に使い終わった段ボールに着目し持続可能な

消費活動を推進しています。

消費に伴って発生する廃棄物(使用済みダンボール)の再利用化を構築し、排出量を軽量化することで、リサイクル処理による温室効果ガス(CO₂)等を減らす、エネルギー消費の少ない  リユースで低炭素社会を目指します。

 

   〖不用になった段ボールでも、まだまだ使えるダンボールが沢山あります。〗

  利用したいと思っている消費者も沢山いて、全国から問い合わせが寄せられています。

 

そんな使用済みダンボールを別の産業にて『シェア』できる仕組みを構築し、排出量を減らす「シェアリングシステム」を導入した『プロジェクト』です。

 排出する側も・消費者と共に参加し、使い捨てを減らし、新たに『モノを作らずに少しの

工夫で』排出ゼロ・zeroエネルギーな消費活動を選択する『ゼロウェイスト』をコンセプト

に、地球温暖化による気候変動対策に取組んでいます。

 

ゼロウェイスト』とは

 ◉ ゴミをどう処理するかではなく、ゴミ自体を出さない社会を目指すこと。 

 ◉ リサイクルされる物はゴミには含まれないが「何でもリサイクル」がもたらしたのは、資源の

   無駄遣い、一方でリサイクル処理~新たな製品が利用者に届くまでに、大量のエネルギー消費

   による温室効果ガスの増加、そんな社会の仕組み自体を考え、リサイクルされる物も減らす!

   と、言うコンセプト。

 

 使い終わった段ボールは、リサイクルするのが常識ですが、新たな製品へと生まれ変わる

過程では、大量のエネルギー・水・熱(蒸気)・薬品を使用する大量消費・大量破棄・大量リサイクルでの資源・エネルギー多消費型産業です。

様々な産業活動から排出される大量の段ボールをリサイクル処理する前に回収し、選別したうえで再利用できる物を「必要とする人へ繋げる」消費活動です。

また、『WIN-WIN-WIN』の法則を築く大きなメリットが有ります

『リユースプロジェクト』  参加企業/個人消費者増加中

         『モノを運ぶのに必ずしも新しい段ボールは必要ありません。』

 

 そんな消費者のニーズに対して、当店では高品質な使用済み段ボールを再販売しています。

廃棄事業者にとって不要になった段ボールでも、別の産業において有効活用し、社会全体で

資源を循環させ、しかも二酸化炭素等を排出しない『カーボン・オフセット』への取組を進め、必要とされる消費者に繋げることで排出量をオフセット、排出される温室効果ガス(CO₂)等

を埋め合わせるという考え方です。

 

    再利用への活用に視点を変える事で、脱炭素化に向けた

        CO₂排出量ゼロ(ゼロ・エミッション)をテーマに取り組んでいます。

        

    『モノをつくらないものづくり』少しの工夫が

             地球の未来を作る『アクション』で排出ゼロへ

 

環境省ホームページ http://www.env.go.jp/
出典:「地球環境・国際環境協力」 
 

    カーボンオフセット

          「使用済み製品等のリユースの促進について」

   (平成26年6月)

会社概要

屋 号:   ボックスオフ

 

社 名:   小田ダンボール 

 

創 業:   昭和30年4月

 

所在地:   東京都練馬区早宮2-15-11

 

代 表:   小田 和男

 

従業員数:  4名

 

事業内容:   リユース段ボール箱の販売

        使用済み段ボールの回収・買取り

        新品段ボール箱の製造・販売

 

ボックスオフグループ営業所

協力店:(青果物)

            ・甲府営業所(山梨県甲府市)

    ・京都営業所(京都市伏見区中島前山町)

    ・神戸営業所(兵庫県神戸市西区)

    ・横浜営業所(神奈川県横浜市神奈川区)

    ・上田営業所(長野県上田市)

    ・桶川営業所(埼玉県桶川市)  

    吉見営業所(埼玉県比企郡吉見町)                     

            (海苔箱)

    ・柏営業所 (千葉県柏市) 

      ・川崎営業所(川崎市多摩区)

 

保有車両:2tウイング車1台 1.5t車1台 営業車1台

 

登録団体:環境省「Fun to Share」 Fun to Share 宣言

 

古物商許可:   東京都公安委員会許可第305600306731号

   【リユース段ボール】 


SDGs 持続可能な世界を実現するための17の目標

 2030年までに地球社会を『より良い持続可能な姿』にすることを目指す。

   《持続可能な開発・発展・成長目標》

  boxoffでは事業活動を通じて持続可能な社会の実現を目指し、『使い捨てにしない』

 持続可能な消費を、実現させるためのチャレンジこそ「SDGs(持続可能な開発目標)」

 推進につながると考え、課題に積極的に取り組んでいます。

 SDGs(+イノベーション)の推進は、新たな価値を生み出す原動力となります。

 

 ⇒ 「SDGs(持続可能な開発目標)」について国連開発計画(UNDP)のページ

アクセス

ボックスオフ

営業時間

平日 9:00~17:00

定休日

土曜日・日曜日・祝日

年末年始

担当者直通ダイヤル

090-7004-7986

在庫確認などお気軽にお問合せ下さい。

 (小田)

ご注文/お問合せ

  気候変動キャンペーン

  『Fun to Share』

     に賛同しています。